うれしいメール、受講された生徒さんよりいただきました

先にご案内した生活の木ライフカレッジでの講座で、

かつて受講していただいた生徒さんが、

今回の春季の講座の「アロマでリラックス・ベビー待ち」を紹介してくださいました。

ARORIE aromatherapy(アロリエ アロマテラピー)を主催されているアロマセラピストのりえこさん。



とても嬉しいですし、講座をするこちらも大変励みになります。


りえこさんのように、生徒さんはみなさん自分の心と体について知り、

熱意をもってマタニティに向かおうとしています。

いろいろな知識をしっかりお持ちで、多方面にチャレンジしているのを感じます。

自然療法をすでに実践していらっしゃる方や、

心やからだに対しての「気づき」も多い方たちのように思えました。



がんばった分だけ結果が出る社会で生活してきた私たちにとって

生命という自分ではどうにもならないものについて

どう向きかっていっていいのか、

どう気持ちをもっていったらいいのか、

しんどいところです。


また治療は妊娠がゴールではなく、出産、分娩、育児にまでつながっています。

ピアカウンセリングは同じ仲間で話ができますが、

ふだんの生活の中では、なかなかそうはいかないもの。

ちょっとした言葉が、ナイフのように突き刺さったり、敏感にもなったりするでしょう。


そしてそういう自分に嫌悪したりすることもあるかもしれません。

さらに、治療、仕事、家事で疲れてしまって、

本当はからだもつらかったりする。

でも、治療はタイミングが大切なので、そうそう中断できない。



気持ちもからだも「どうなってるの?大丈夫、これからの私?」



あまりにも落ち込んでいるときは、

ただただ引きこもっていたい、

何もしたくない、気持ちになります。

そういうときは無理になにかをしなくてもよいと思います。

リフレッシュどころではないこともあります。




アロマセラピーでご提案しているのは、

そんなときにちょっとでも、気分転換していただこうというもの。

気分なんか簡単に変わるわけないでしょ、と思うずにわずに

ちょっと試してみませんか。


香りはなぐさめだったり、

気合入れだったり、

元気をくれたりします。


もちろん香りそれぞれの物理的作用もあります。


アロマセラピーは心身がひとつ、というホリスティックな考えが基本にあります。

からだも心もひとつ、

どちらか一方だけが元気ということはないと思います。


ご自分の好きな香りを見つるのも楽しいです。

ぜひお試しくださいね♪



たまたま今日の新聞に

「不妊治療に新保険 金融庁が素案・・」とありました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130405-00000106-san-bus_all


昨日は保険のことでファイナンシャルプランナーの方と

このことについてお話したばかりだったのでびっくりです。





Popular posts from this blog

アンブレットシードオイル

アトピー性皮膚炎がよくなり、今度は花粉症。アレルギーってなんだろう

アマリリス!