Friday, December 31, 2010

今年、そして来年に

本当になんて寒いんでしょう。。。くらいの

とてもすごい寒気団がきているようです。

朝部屋で寒くて目が覚めるなんて、この10年くらい経験していなかったように

思います。

もう今年もあと半日程度で終わってしまいます。

今年もいろいろありました。

大変な状況のなかで自分をどうにか奮い立たせている人に

たくさん出会いました。

みんな話すときは、笑顔を浮かべていたります。

つらいときに悲しい顔をしていたら、

自分で立っていられなくなるかもしれない。

あえて笑顔でいることで、自分も奮い立たせているし、

人にも気をつかっているんですね、そんな気が強くしていました。

来年、楽しく笑える日々になることを祈ります!

そして私自身も楽しくありたい!

楽しめる状況をなんとかたくさん作って。

そういう状況を作りだすのも自分だから。

(根っからの楽天主義ともいいます・・・ハイ)

来年も微笑から爆笑までたくさんの笑いがある日々でありますように

Wednesday, December 29, 2010

今年気づいたこと

ちなみに今日の香りはこれまたpeppermint 、

でも今日はLitsea cubebaをスチームにブレンドしました。

やることが多いときにはからだと頭をシャープにしないと、という無意識の選択と、

やはり気の調整です。

肝気と、昨日書いたのですが、

もしかすると腎気のような気もしています。

ちょっと自分自身の観察をしっかりしてみよう。。。



今日もまたやることもりだくさんです。

年末年始の家事ともあいまり、けっこう自分でもがんばっている気がします。

自我絶賛---(爆)

... いやいやそんなこといって。完璧には程遠く、あちこちにほつれが。

ほつれの強いところはもう補強しようもないので。はい。

でも。

気にしない、気にしない、・・・気にしていたら今年が終わらない...(汗;)

この師走、今年を振り返って気づいたのは、

  • 車道をふつうに歩くヒトがとてもよく目に付いた--自転車ライダーとしては、危ないし邪魔です(苦笑;)

  • 若い女子のモノグラム系ブランドバッグを持つ人が減っている--メーカーのデザインにも変化があるのでしょう。バッグだけ高価で、あとはかかとの擦れた靴をおはきになっているアンバランスさより、とっても自然できれいに見える。きっとおしゃれのレベルも高いし。

  • おぢさんたちの横列しながらのおしゃべり--かつておばさんの特許だったんですが

  • マックにおけるおばあちゃまたちの座談会--これ、今年つとに増加している気がします。若い女子みたいに楽しそうです。病院での座談会より、よっぽどいいな。たまにうるさいときもあるけど、ご愛敬。

  • おしゃべりな男子--おぢさん同様、かつては女子の特許でした。今の女子は男子っぽい、なんか堂々としている。。。たまに貫禄ありすぎてコワイときも。

  • 私のホウレイ線のキザミの深さ...日々成長。。。

ブログ書いている間にやらなくてはいけないことがあるのだけど、

なぜここにきて更新をしているかというと、それは、1年で50本のオウダイに乗せようとしている

というそういう、単純な理由からでした。

来年はもう少し、更新期間を縮めようと思います。

そして、データ的なことを増やしたいな。

でももちろん今日みたいなオバカ的独り言もそのままいっちゃいます。

さて、やらなければいけないことの続きをはじめよう・・・

では失礼しますm(_ _)m

Tuesday, December 28, 2010

今日の香り

考えることがいっぱいある

やらないといけないことが仕事以外にある

で、集中が必要です

なので、今日は

Rosemary

このところのペパーミントなどといい、

どうも肝の気が上がっているような・・・

ともあれ、今日はローズマリー

さえますっ

ストレートエッセンシャルオイルでいきます、

ブレンドなしで。

くー、きくっ

Monday, December 27, 2010

ちょっとうれしいこと(^^)

最近物忘れがすごかったり、「えっ」ということがよくある私です。

小中学生のころから、脳細胞は成人すぎたらあとは死滅していくだけと

教えられたので、「二十歳すぎたら1日10万個の脳細胞が死んでいく」というなんともオソロシイ状況を

年をとるたびに強く感じなくてはならなかったわけです。はい。

ところが。

最近の研究では、大人になっても脳のニューロン(神経細胞)が生まれていることが

発見されたのだそうです!!

すごいっ、すごいー

しかもですよ、その新しいニューロンはどこでできると思いますか?

「海馬」は当然ながら、

ふふふ、

なんと嗅球--においの情報伝達にかかわるところです--でも生まれているのだそうです!!

嗅球といえば、アロマセラピーにがっつりと関係がある重要な部分。

においは記憶とリンクすることはよく知られたことですが、

新しい脳の神経細胞が、においと関連する重要な部位で生まれているとうこと、

これにはなにか未知なる希望を抱かざるをえません!

アロマセラピーが認知症に効果があるということも、きっとこのあたりに関連性が

あるのでしょうが、もっともっと研究が進んでくれると本当にうれしいな。

そのためにアロマセラピストとして私が協力できることがあれば、

できる限りのことをしたいと思います。

研究機関のサポートなども積極的に精油をちゃんと勉強しているセラピストが参加できると、

スムースなんじゃあなかな、とか妄想(?!)が広がります。

だって、、、年をとるたびに脳が退化しているだけなんて

さびしいじゃないですか。もっと年をとっても「something else」的な付録があっても

いいじゃないですか? 

新しいニューロンは、それはそれは特別なもので、

若いころの脳細胞の100倍の記憶をコントロールすることができるうえ、細胞の若返りも可能!-----

なーんて、そんなことがあったらいいなあっ!(爆)

Tuesday, December 21, 2010

クリスマスですね

                                                                                            Shiraume Kiyoudo(c)
クリスマスがやってきます。


子供のころから学生時代、成人してからもわくわくする時季がこのクリスマスをはさんだ師走。


あたりが華やかでにぎやかになり、忙しいながらも人々がなんとなく楽しそうに動いている躍動感が


なにより好きです。


冬なのに温かい---。


私はクリスチャンではありませんが、クリスマスの原風景がつくられたイベントがありました。

小学1年生のときに初めて参加したクリスマス礼拝。

同じクラスの仲の良い女の子のお母様が牧師様だったのです。


クリスマス礼拝にご招待いただき、参加して


はじめて「諸人こぞりて」を歌い、キャンドルをともしました。


あの神聖な時間と空間が、


私のクリスマスに対してのベースになりました。


カトリックの学校に行きましたが、教会や修道院のあのほのかに漏れる灯も好きでした。


子供も教会幼稚園に通っており、イエス誕生の話、ページェントを子供で演じるのですが、


イベントすべてがなんともいえず心に響きます。


(・・・なのに、クリスチャンでない私。無宗教はたぶん一生変わらないかもしれません。


神聖だと感じるのだけど、やはりこれは私にとっては素敵な「イベント」なのかな(^コ^;)






今年もいろいろなことがありました。


いろいろな方との出会いもありました。


楽しいことがこれから待っている方もいれば、


今まさにつらい時期のただなかにいる人もいます。


みんな、どんなクリスマスを過ごすのかな。


こっそりとお祈りいたします、

Wishing you a very merry Christmas.

Monday, December 6, 2010

ペパーミント、スペアミント・・・

このところのマイブーム、

かつてないペパーミント系です。

このところ個人的にブレンドをするときには、必ずといっていいほど入れています。

どちらかというと、あまり使わない精油だったのです、これまでは。

スッキリしすぎるきらいがあって、

自分の好みにはなかったのでした。けっして嫌いなわけではないんですけどね。

バランス作用や神経系への調整作用があるこのオイルは、

今の自分にとって「必要」なのでしょう。

これまで好きなオイル・・・けっこうな長い期間にずっとはまってしまっているようなオイル・・・は、

そのときの自分の状態を表しているということはわかっていました。

ということは------

今、私はそんな状態なのね~っ(焦;)と、

選んだ精油で自分の状態がわかるのも、アロマセラピーの醍醐味。



ペパーミントには、

鎮痛、麻酔作用があります。

最近、いろんなところに痛みを感じるので、それもうなづけます。腰や骨盤など、

年齢を重ねるごとに部位が増えている!!

強壮作用、抗菌・ウイルス・真菌作用、昇圧作用、

気持ちが弱くなっているときに、ガツンとひと嗅ぎ(!)。すーっと気持ちが落ち着きます。

イライラの時にも、です。肝の気のつまったような、上がったような状態を治めるのに、

私はとてもいい気がしています。

去痰作用、粘液溶解作用 

私は子供のころから喉はけっこう強かったんです。喉よりも鼻にくるほうだったのですが、

なんと、年がいってからちょっとなにか体調が下がると

喉に痛みがくるようになってしまいました。

この喉の痛みは自律神経にも関連するようなのですが、

痰がからんでくるとやはりペパーミントの出番、

鎮痛作用もあるために、これはかなり便利です。

ケトンが30%程度は入っているペパーミントですが、

アルコール、エステルも合計すると成分の半分くらいは含まれているので、

鎮静作用もあるということ。

なんと便利な精油でしょうか。

☆☆

で、

5mlくらいのブレンドを作る際に、10滴以下くらいで(ブレンドによって異なりますが)、

ブレンドをすると、深呼吸をするときにとてもスムースな感じがします。

ペパーミント、少しシャープで甘い感じのスペアミントは、

柑橘系にも、当然ながらシソ系ハーブ、ベースノートにもマッチングする香り的にオールマイティ

だと思いいます。

成分はご存じケトンの割合も多いので、

幼児、妊婦、授乳中は使用を避けないといけないのですが(とくにスペアミント)、

それ以外ではからだにも、気持ちにも

比較的「結果がわかりやすい」精油であると言えるのではないかな、と。

この乾燥した時期にはいろんなウイルスが飛びやすくなっています。

ウイルスに直接効果のある精油もいいのですが、

まずはからだのなかから、そんなジャアクな異物をやっつける体制をつくらないと、

ですね。

ゆっくりとした深呼吸は、なにしろからだの免疫能を高めます。

ペパーミントのすっきりした香りを、うまく取り入れたブレンドでいろんな作用を実感してみてください♪