Posts

Showing posts from March, 2013

【お知らせ】アロマでリラックス・ベビー待ち 講座始まります

2012年1月から、生活の木原宿表参道校で

プレマタニティ(ベビー待ち、不妊治療中の方)のためのアロマセラピーケア講座を

行っています。


不妊治療が長くなると、からだもさることながら気持ちにも「疲れ」が

出てくることがあります。

がんばればがんばった分だけの結果が出てくる--- というものではなく


自分ではどうにもできないもどかしさや、

どこにぶつけていいかわからない感情が沸き起こる・・・

 ホルモンにも影響がないわけではありませんよね。


そんななかでちょっとだけでも自分のためのリフレッシュ、リセットをするサポートが

香りを使った「アロマセラピー(アロマテラピー)」です。



この香りの液体は「精油」といって、植物から抽出された100%天然の100から300~あるといわれる

さまざまな成分の集合体といってもいいでしょう。


そんなたくさんの成分があるわけですから、

からだへの作用も多岐にわたります。

よい香りが、気持ちだけでなく、からだにも働きかけるのであれば、

使わない手はありません!


ほぼ誰でもがお世話になるアスピリンだって、

もとはヤナギの鎮痛作用が長い歴史のあいだ使われてきて、

その成分を分離して生まれたものだし、

タミフルだって、もともとは八角(中華料理でよく使いますね)に含まれる成分から合成されたもの、

これまで生き物は植物頼りに生きてきましたし、これからもそうなんだと思っています。

ただ天然のものがこれだけの作用があるということは、「副作用」もある可能性があるわけで

天然=安心・安全ではない、ということですが。



話が大げさな感じにそれちゃいましたが、

香りが脳に対して「リラックスしようよ~」と働きかけると、

からだも「んじゃ、ちょっとここらで一休みしてみる?」という

お手軽なリフレッシュ法です。



ちょっとした実践デモンストレーションもあり、

講座が終わったらすぐにお使いいただいけるケアもご紹介します。

気分転換がてらでもどうぞ!

ご参加お待ちしています。



☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆-=-☆


【アロマでリラックス・ベビー待ち】 @ 生活の木 原宿表参道校



2013春期は以下の日程です。二日間で1講座です。

<日程>

4月13(土)・27日(土)14:00~15:30

5月15日(水)・29日(水)14:00…

桜咲く!

Image
上野公園の桜、不忍の池の桜が美しく咲いています。

毎年、桜を見るだけでなぜこんなに気持ちが
ウキウキするのでしょうね。


縮こまっていた寒い寒い冬を過ごして、からだも気持ちも、ちょっとだけ楽になるからでしょうか。


まぁ理由はどうあれ、

やはり桜、綺麗です。


写真は、息子が落ちていた花びらを拾ったもの。

若い葉や花びらが落ちていたりすると、きれいだから、かわいそうだからと拾ったりします。

まだまだ綺麗に咲いています!

最近、強風が多いのがちょっと気になります。

お花見、今年は早めが良さそうです。



肌と食事の関係は・・・1

からだのなかに入っているものに対しては、

けっこう気を使ったりしますね。

たとえば胃にふたんをかけすぎてはいけない、

とか刺激のあるものをとりすぎてはいけない、とか

腸での悪玉菌を増やさないようにするとか。。。枚挙にいとまがありません。


たしかに、
これらひとつひとつが本当に大切なことです。

口に入れるものって、体調にダイレクトに影響しますよね。



京都大学名誉教授、生殖生理学者として著名な大島清さんが著書のなかで

”当たり前のことだけれど、食という字は「人を良くする」と書く”

とありました。


おーっと、

当たり前でなくて、今まで気づきませんでした。。。まったく恥ずかしながら。

「食」=「人」を「良く」する! 




動物は生きるために自ら必要な餌を捕食しますが

人は、もうあまりに自由ですねー。

必要不可欠でありながら、生きるためだけの食ではなくて

楽しむためのものでもある。


そういう意味でも、あらためて「食」ってすごいです。


でも人はある程度快楽的なものを追及しちゃうので、

おいしいものはずっと食べていたい。

人によって「おいしいもの」の基準は違いますが、

誰かにとっては、とーっても甘いもの、

ほかの誰かは辛いものがおいしいものだったり。

そしてその好きなものをずっと食べていたい、って思ってしまう。


しかたない、当たりまえ~なことです。


でも、でもね、


味覚ではおいしいと感じたとしても、

それがはたしてからだにとって「おいしいもの」なのか、ということが

大事になってきませんか。


どんなにいい牧草を食べた乳牛からでも、ずーっとバターこってりの料理ばかりとか、

野菜のビタミンと食物繊維がいいから、ほかに食物をとらないとか。

まだこれらのよう食材ならバランスを考えればいいので、問題にならないかもしれません。

バランスは大事ですが、その前に

家畜へのホルモン剤投与とか、調理過程でのpH調整剤とか、保存料とか、亜硝酸ナトリウムとか… ひゃー、これがからだに入っていくの?

と思うとぞっとするようなものが食材にもたくさんあります。

流通には仕方のない添加物もありますが、、、、。


でも、これらは私たちのからだに入っていくんです。

毎日排出されていっても、微量ずつ蓄積されてしまう部分もあるのではないでしょうか。


とまあ、いろんな不安はあるわけですが、日本には世界中からのおいしいもの、食材…