Monday, April 23, 2007

クローブ--香りの甘み


ルームスプレーは切らすことなく、作り続けてます。

寝室には必ず寝る前に振りまいているんですが、これのおかげか、風邪がひどくなるようなことがありませんでした。


ルームスプレーのなかに投入するのは、作用が強いものを必ず1つ入れます。

たとえばクローブ。

歯医者の匂いと煙たがる人も多いと思いますが、
中国料理でも丁香として使うし、香りづけにもからだを温める漢方薬としても利用される「使える」植物です。

私がスプレーに入れるのはこの強い殺菌とか抗ウイルス作用を目的としているのはもちろんですが、
香りも大きな要素のひとつなんです。


ほかの精油と混ぜると甘い香りがとても引き立ちます。


オレンジやレモンなどの柑橘系の香りとウッディ系のブレンドをすると、
やわらかなちょっとした香水のような感じになります。


イランイランなどの濃厚な香りと違って、すっきりとしたやさしい感じの香り。

オイゲノールが強いので長期間の使用はよくないのですが、
エタノールと水でだいぶうすめられているので、問題はありません。
ただ、レモンまたオレンジはこの香りのブレンドには必要じゃないかな。
レモンもオレンジもとても重宝な精油ですが、強い薬っぽい感じの精油への香りをほどよく弱めてくれてさっぱりとしたいい感じにしてくれるから、空気も清澄なやさしいものに変えてくれる。。。。んですよ。
そうそう、私個人ではいきなりの大きな吹き出物には直ヅケ(おススメはしませんが、ききます)で、よく効いくれています (^ω^)ノ

Sunday, April 15, 2007

Head & Face マッサー!

(Cupressus sempervirens)

ずいぶん長らくブログを休んでいるうちに、いろいろと変化がありました。

怒っていることも多く、

これでは中医学でいう「肝」がやられてしまう、、、と思って

怒りをなんとか納めようとするのですが、これがまた難題。

胸のなかに納めておくと、頭痛とか吐き気にも似た症状が現れるんですね。


さて。

漢方を勝手に処方もできず、かといってなにもしないのもからだに悪そうだ。


こういうときこそ、アロマセラピーなんですね。

セルフケアといっても自分がセラピストの場合はボディや背中をくまなくというわけにいかないので、

一番はヘッドです。


肝になにかがこもっているのであれば、連動関係にある心「精神」も悪影響があるというわけで、

これに効目があるのが私の場合はアタマ・カオです。


頭部にもたくさんのツボがあるし、顔面も同じです。


そのときに選んだ精油をキャリアオイルに希釈して顔面、頭部と目を閉じてユビバラを使って

マッサージ。


顔筋マッサージ系に近いくらいの圧でやっていると、とっても気持ちがいい!!

アタマはペパーミント、サイプレスなどを使いまずクールダウン。

ペパーミントは育毛にもよいとされるので一石二鳥。

顔には花系の香りと柑橘系もしくはしそ科の精油のうちどれかをピックアップして使います。

和みます。


これをやっているうちに、

① 目の2年間にわたる緑色のくまが薄くなってきた

② 抜毛がとても減った


というかなりうれしい効果が出てきたんですね。ほんとの話です。

個人差があるでしょうけど、きっと血行がよくなっているんですね。

怒りまかせにしらないうちに自分をケアしていたなんてね、

「長生き」タイプなのかな。

鈍感力もあるし。(自分にとってはいいいけど、鈍感力ありすぎると人にとってはメーワクで)


今朝の怒りは

ユーカリレモンとサイプレスで納めました。はい。