Posts

Showing posts from February, 2011

情報収集、ネットだけではやはり心もとなし・・・

人それぞれ思い思いに書かれたブログやウェブのページにいったん飛んでしまうと、

ついついネットを見る時間が多くなる私です。

でもやっぱりちょっと怖いこともあり。

正確な情報を求めるときは、慎重にやらなくてはと痛感しています。

まあ、よく言われていることですけどね [(^c^;)]


かなり前になりますがw(‐ω‐i;)w

「子宮外妊娠」(現在は異所性妊娠といいます)を調べていた時のこと。

もっとも発現箇所が多いのが

「卵管膨大部で90%」と書かれてありました。

しかもどこかのレディースクリニックがちゃんと専門ページで、図説つきで記載しているものです。

産婦人科クリニックのページだから疑うこともせず、しばらくそれが正しいことだと

信じていました。お恥ずかしい話ですっ。幸い誰かに話すことはなかったのですけどね。(ホッ)

ところがその後、ネットと専門書で調べたら、どれにもそれとはまったく異なり

「卵管狭部85%程度」となっている・・・。

産婦人科の専門で、あんな立派なページに、間違った情報を堂々と載せていて大丈夫だろうか。。。

またブログで情報や自分の勉強を更新しているページもよく見かけますが、

「あれれー」と思ったのもたまにあります。

ちょっとわかりやすいのだと

「ホルモンのフードバック;positive/negative」。 ポジティブとネガティブを反対に理解して、

解説しているブログ。医療従事者の方のものだったので、

信じてしまいますね、最初の段階で。

そのテキストを読むと「エストロゲンの”ネガティブフィードバック”によってLHサージが起こる(内容略)云々」となっていました。

これは明らかに”ポジティブ”の間違いですが・・・・

「勉強になりました」と何軒もお礼のコメントが載っているわけです。

ちょっと勘違いしているな、と思えるこうしたお勉強ブログはけっこうあったりして

やっぱりカタイ情報はブログでは乗り切れません、オフィシャル的なものを見つけて、

本で確認する。

ネットだけで情報を収集しようと思えば、それこそ1件の疑問や質問をサーフィンしながら

どれが正確な情報なのか自分で判断しないといけなくなってしまいます。

どこかしらに

「??」ということろがあるので、本は必携として自分の手で調べてみないといけないんだなあ、

とつくづく思っちゃったりします。

そして、それも1冊で…

インフルエンザに・・其の二 アロマさん

Image
イナビルくんのおかげで暴君インフルの勢力を制圧できた陰には

アロマさんの影の応援があったことが大きかったのです。

まずは家にあるウイルスと自分のからだに増えてしまったウイルスをやっつけないと、

ということで、

騎士タイムチモール登場です。

インフルエンザに・・其の一 イナビルくん

Image
この年にして初めてインフルエンザになりました。

先週はじめに風邪症状があり、まずはいつものように葛根湯。

数日してもまだ風邪症状が改善しなかったので仕事に差し支えると思って

久々に市販薬を買ってさらに悪化する前に退治しようとしました。

鼻水やだるさも一気になくなり、

ふだん薬を飲んでいないとこういうときに効き目が早い~、なんて感心していました。

ところがこのところ忙しくしており、心身あまり休めていなかったのが影響したのか、

先週末前くらいからからだのだるさが急に来て、

翌日さらに悪化で、乾いた咳に続く湿った咳が。そして熱が。

咳き込むと肺が痛い・・・で、からだの節々も。

それでも、37度後半。たいした熱じゃありません。

ただ冬合宿間近な息子にうつせないので、寝ている時もマスクをしたまま。

風邪で病院には行かない私も、これを引きずってはいけないからせめて処方薬をと思い、

医師が「違うかもしれませんが、一応」とインフル検査をしたところ、

「検査してよかったですね、陽性です。今年のインフルエンザは37度台の人も多くて。

高熱でもインフルエンザじゃない人もいて、風邪かインフルかわからない人が多いですね」

そのときの熱はなんと37度にまで下がっていたのですが。

頭を含む全身の痛み、あれは特徴なんですかね、ほんとに痛いんだわー。

ダルくてイタい・・・これにはまいります。

そして処方された薬がこれ

タミフルでもリレンザでも(古い?)なくて、これ、イナビル

去年の10月終わりに出たばかりの新薬です。

これを2パック1回だけ口から吸入すればなんと4日間効果が持続するのだという・・・

吸入当日は熱も38度台で体の状態もthe worstでしたが、

半日ほどで咳をすると痛んだ肺あたりの痛みがなくなり、

(その前にも効果的なアロマさんを使ってちょっと痛みが和らいではいたんですよ。スゴイっ)

可及的にいろいろな部分が楽になってきました。

オソルベシ、イナビル・・・

経口薬は飲んで、全身に薬効が回るのですが、

これは吸入で、喉と肺にとくに急増殖するウイルスに直接アタックという点で、

体力の消耗を最小限にして効き目が出るわけですね。

こういう最先端の薬効を享受できることは、やはりありがたいことです。

風邪は寝たらたいてい治るわけですが、むやみにそれだけを信じて長引かせてはいけません。

アトピー…