これがやっぱり「まだ産める」のもと・・・

昨日、インド人の96歳男性が、2人目の子供を授かったというニュースがありましたね

 
なんでも第1子は94歳のときだったそう。
 
ありえなーい!!
 
しかも奥さんは50代・・・
 
 
どうなっているの??と。
 
 
写真で見ても、男性は70代にしか見えないけどなぁ・・・とかそういうことにも目がいくわけですが(笑;)
 
男性だって妊娠させる能力は40歳あたりを境に落ちてきます。
 
妻も50代ということで、これはもう奇跡でしかない。
 
 
でもこのようなお話は各国あるので、
 
たとえば
 

高齢出産のギネス記録は66才スペイン人女性 日本人では60才

NEWS ポストセブン 7月20日(金)16時6分配信
 
 
 
というのもそうですよね。
 
産みたくて頑張っている人には、
 
これはもう励ましです。これ以上ない励みです。
 
 
インドの方は、生殖医療の恩恵を受けずに妊娠出産されたようなので、
 
やはり生命誕生には奇跡が作用するとしか思えません。
 
 
 
治療をやめたとたんに
 
妊娠した、とか
 
もうあきらめた時に妊娠した・・・これらの話はよく聞きます。
 
 
 
昨日の続きで、「卵子も老化」しているからそれを認識しないと、
 
今日の話で、「精子も同様に老化」するから、
 
 
って書きましたけど、
 
でもやっぱり、これはそれだけでも片付かない、
 
正真正銘の日常にある奇跡なんですよね。
 
 
 
ただ
 
ただ・・・・やはり生まれた子供はどうなるのかな、
 
インドに誕生したその子が幼稚園にいくときには、
 
お父さんは100歳、お母さんはもしかすると還暦あたり。
 
 
大きくなるまで親が生きていてくれるのかな、
 
個人の権利や幸せ観に口出す権利もないですが、
 
でも生まれた子供の権利、幸せも考えないと。。。。と思います。
 
 
 
しめくくりはでも、
 
あとでできるだけ後悔しない選択を。。。。
 
そして
 
奇跡はきっと起こると信じたい!
 
 

Popular posts from this blog

アンブレットシードオイル

アトピー性皮膚炎がよくなり、今度は花粉症。アレルギーってなんだろう

アマリリス!