Sunday, January 5, 2014

New Year, 新しい自分に

新年おめでとうございます。

年末年始に富士山を車中から見れました(^^)

夫実家への帰省で毎年のことですが、

今年はいつもと違うという事情もあり、私にはちょっとスペシャル。

雪を頂いた富士山はなんとも荘厳で、でも寄せ付けがたいわけではなく、

ひきつけられる美しさがあります。

青い空とのコントラストがなんとも言えないんですよね。

おみくじはいくつかもらい(!)、ひいてみると大吉と吉、

今年はそれを信じてやっていこう!と。

悪いことが出ていたら、「注意しよう」、

いいことは「大丈夫、それでいっちゃいましょう」の意味というような形で

とらえます、私は。 

今年は背中を押してもらっている感じでしょうか。




そういえば、

小さい頃は、お正月はとても大きなイベントで、

クリスマスに続いて、もういくつ寝るとお正月という

パラダイスのような日々でした。

それこそ、指折り数えて、という感じでお正月を迎えたことを覚えています。


私が成人になったあとでも、この師走の忙しなさは意外と好きでした。

とても忙しいのだけど、なにかやりがいのある忙しさ――年末進行だったり、

往来する人の数が多かったりと気持ちも体にもそんなに余裕があるわけではないけれど、

なにかゴールがあるような気がして頑張れるのと、

忘年会で一年を素直に「おつかれさまでしたー」と言って(自分も)ねぎらえたりするのが、

よかったのかもしれません(そこ??)

結婚後はそれもだいぶ様変わりしましたが、

師走に続くお正月の、打って変った静かなぴんと張ったような空気はとても好きです。




そうそう、先日たまたま見たテレビ番組のなかで、

パワースポットが出てきました。アリゾナ州にあるビッグウェーブという場所。

私もそれまで何回か目にしていたのですが、

改めて見るととても神秘的。

 

岩のような地層だと思っていたのですが、

なんでも1億9千万年前の、「砂」が風で固められて徐々に形成された地層なのだそうです。

この世のものとは思えないその形と大きさ、

いるだけでなんだかパワーをもらえそうだと思うのも当然な気がしました。

お正月にそういう場所にいって、改めてパワーをもらってみたいわぁー

いや、別にそれがお正月でなくてもいいんですけどね。

たまたまそういう時期に番組をしていたので ww

同じ番組でオーロラのこともやっていて、

なんとも美しいオーロラが新年から(テレビですが)見ることができました。

私は20年近く前になりますが(-▽-;)、

オーロラを実際に見に行こうと一人アラスカまで旅をしました。

バッグパックで、会社の休みのとれる9月、

オーロラのセカンドベストシーズンと言われている頃です。

フェアバンクスまで行きましたが、



・・・・見ることができませんでした(`c`;)


でもそこで同じくバッグパッカーたちとたくさん知り合え、

その中のおひとりの方から私が帰国した2日後に見えた(!!)オーロラの写真を

送ってくれました。

美しい繊細な紗のグリーンカーテンがはっきりと黒い空に映し出されていました。

これはそのときの写真のオーロラの色の近いものです。
あのころはデジカメなんてなかったので、DL判の紙焼き写真でした。

この目で見たかった!ああ、あのとき会社をあと2日休んでいたらなぁ。。。。

ま。こればっかりはタイミングですからね。




今回のテレビ番組のなかでカナダがベストスポットのひとつだと知り、

今度は絶対にこの目でオーロラを見ようと誓ったのでした。

いつもと違う形で迎えた新しい年に、

地球上の神秘を見ることができてなんだか気分が上がります。


私たちみんな地球の力に支えられているのですね。

母なる地球、大事にしたいものです。


そして一日一日も。