10月からの研修!

10月になってしまいました・・・

秋もいっきに押し寄せ、もう衣替えを完全にしても大丈夫そうです。

蒸暑さにかなり弱いと改めて知った今年、

秋の到来にちょっとほっとしています。

(*^=^*)~~☆☆



なかなかブログの更新ができないでいたのですが、

トリートメントルームのお仕事に加え、

アロマを教えることとか、原稿を書くことが少し増えました。

この10月からは、

ある総合病院で、不妊カウンセリングの研修をさせてもらえることになりました。

不妊カウンセラーは、

不妊治療の最新の医療情報を知っておく必要があり、

また医療者との橋渡しをするというコーディネーター的役割もあります。

心理的な側面をカウンセリングするのとは、また若干異なります。

私はアロマセラピストという、医療分野からは離れたところにいるので、

現場のことをもっと知っておかなくてはという切実な思いがありました。

病院で研修をしたい意向を快く聞き入れていただいた不妊カウンセラーのEさんは、

病院でのカウンセリング業務に10年も携わってこられた方で、

医師や看護師、患者さんからの信頼も相当厚い方。

総合病院の産婦人科での今のカウンセリング業務を1から築いた大ベテランです。

そのEさんに教えてもらいながら、週2回程度というペースで、研修をスタートさせます。



検査やその他の治療の部分での見学もあり、

能動的かつ積極的な気持ちでやっていかなければついていけないハードな研修です。

医療の現場をこの目で見られることは、大変貴重な経験となると思います。

最終的に自分に何ができるのか、まだまだ試行錯誤ですが、

数か月の研修中に、新たなものがつかめるといいなと思っています(’v’)



私はアロマセラピストとして、不妊治療におけるホリスティックなケアを目指して

います。

妊娠も出産もミラクルの連続から成立しています。

そこに人的介在があったとしても、ミラクルには違いありません。

そのミラクルを待つには、

忍耐と努力、精神的、経済的な負担も強いらます。

医療的な部分ですべてうまくいかない場合もあります。

治療のなかで、からだのバランスを崩す方もいます。

また医療のサポートを積極的には受けたくない、自然なかたちで

そのミラクルを待ちたい方も大勢います。

アロマセラピーやリフレクソロジーで、そのミラクルのちょっとしたお手伝いが

できたらいいと考えてきました。


治療以外のからだのケアはなおざりでいる---本当なそこもとても大切なのに!

不妊治療には経済的な負担がかかるので、

ほかのことにお金を使う余裕は、そうそうあるわけでもありません。

けれど、そんな隙間の部分で、

アロマセラピーやリフレクソロジー--手軽なボディケアで心身のサポートができたら

治療中、また赤ちゃんを「迎えに行く」途中の重い荷物が

少しだけ軽くなるかもしれません。

走り続けたら、誰だって疲れます。

そんなときの休憩所、そんな気持ちでアロマセラピーを取り入れた不妊カウンセリングを行っていきたいのです。


うーーん、これからまたブログ更新に間があきそうです・・・

Popular posts from this blog

アンブレットシードオイル

アトピー性皮膚炎がよくなり、今度は花粉症。アレルギーってなんだろう

アマリリス!