リンデンブロッサムオイル

油のなかで苦手な香りがあまりない私。

今いちばん!好きな香りといえば、リンデンです。

ボダイジュ、ですね。花の部分のアブソリュート(溶剤抽出)です。

やさしい、きれのよい甘い香りがなんともいえない・・・!

強い香りでないにもかかわらず、ブレンドしたときにはどんなときにも

リンデンのやさしい香りがきちんと存在するんです。

あるアロマのセミナーで知り合った方に、キャリアオイルに1%程度

ブレンドしておくと、とてもいい香りでほかのブレンドとの相性にもよります

が、使い勝手がよいと教えてくれました。

本当にそう。。。

リンデンの香りをかぐと、なんともいえずにやさしい気持ちがわき起こり、

日ごろのいろいろなストレスがすっとフェイドアウト。

リンデンブロッサムには、強壮、血圧降下、収斂、頭脳明晰、鎮咳、発汗、皮膚軟化、利尿、

抗凝血、免疫賦活などの作用があります。

フランスではリンデンのハーブは夕食後の薬湯として人気があり、消化促進のために

飲まれているそうです。 ハーブ療法では子供の下痢や腹痛を楽にするものとしても使われます。

スピリチュアル的には、悲しみの回復によいとされているそうです。

私個人は、毎回自作のフェイシャル・クレンジングオイルに入れています。

その時々の肌の調子にあったキャリアオイルを選んで、

乳化剤とビタミンEを入れます。

今回はもちろんリンデン(写真;リンデン精油と自作のクレンジング)。

リンデンを満喫したかったので、今回はブレンドはしませんでした。

毎晩、いい香りでクレンジングです♪

収斂作用もあるので、お肌にもバッチリ。

自作のクレンジングはあなどるなかれ、けっこうな洗浄力です。

ある種の市販クレンジングよりも落ちがいいんですよ!

しかも余分な成分はなし。安心して使えるのがうれしいいです。

洗顔料(石鹸など)に入れても、ここまで香りは残ってはくれないので、

自作クレンジングに精油はおススメです。

ともあれ。

私のリンデンびいきはまだまだ続く・・・・。

Popular posts from this blog

アンブレットシードオイル

アトピー性皮膚炎がよくなり、今度は花粉症。アレルギーってなんだろう

アマリリス!