香水の香り

先日久しぶりに香水らしい香水の香りを手にする機会がありました。

アロマが好きだからといって、

合成香料の香りが嫌いなわけじゃありません。

いえ、大好きです。

とくに高級香水の香りは、とっても好きです。

天然のものももちろん含まれているのですが、合成された香料もブレンドされています。

ちょっとHPに書いた事があるのですが、高校時代から大学生の頃には

香水とそのシリーズの石鹸収集が趣味のひとつでした。

したがって。

あの「マダム」的な香りは、本当に好きです。

くさい、と言う人もいますね。

たしかにつけすぎると、むせるような濃厚な香りに「うっ」とくることもあります。

香りのつけ方を教えてもらったときには、

空気中に散布したものの下を通り抜けるとか、

そんな「かかる程度」に肌につけるのが「うっ」とこないつけ方だそうです。

それはトワレかコロンのつけ方ですが、

パルファムは液体なので、そうもいきませんね。

肘の内側やくるぶし、あまり熱のもたないところにスポット的に塗布するのは

よく知られたつけ方です。

香水をかぐと、自分がなんとなく異なる空間にいる気がするから好きなんですよね。

私にとっては非日常。

日常なんだけど、その瞬間と空間が一気に変化する特別なものです。

精油は、また別。

精油は日常の重さを一瞬忘れさせてくれるものです。

深呼吸したくなる、大切な私のライフラインです。

香水も精油も私にとっては、とっても大切な香り。

気持ちがダウンしているときなどは、精油をかぐことが多いですが、

外出したくてたまらないような「陽」の気に満ちているときは、

どちらかというと香水をつけることが多いです。

からだが求めている真実!です。

~~~*。☆~*。☆~*。~*~。
☆トリートメントで免疫力をUPしませんか?!

10月からのスペシャルケアです。アロマの香りは心に効くだけではなく、鼻から入って、肺や全身に到達します。

aroma & natural therapy treatment room白梅気養堂http://kiyoudo.com

Popular posts from this blog

アンブレットシードオイル

アトピー性皮膚炎がよくなり、今度は花粉症。アレルギーってなんだろう

アマリリス!